2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.22 (Wed)

【ネタバレ】SPACE BATTLESHIP ヤマト

こんばんは、クリスマスはいつもの通り家族と過ごす私です。
今年は久々にサンメリーのクリスマスケーキが買えたらいいなぁ。
さて、今日は友達と一緒にSPACE BATTLESHIP ヤマト観てきましたよ。
本当は家族と見に行く予定でしたが、体調が悪くなってしまい見に行けなかったので、ようやっとという感じです。
とりあえず、ネタバレ有りの感想文書きますよ~。
まだ見てない方は見ない方がよろしいでっせ。

ヘタリアと違いかなり落ち着いてますが、長文にならん程度に書きますw
ネタバレおk、つかこれ見てから見に行く予定と言う方は、続きをどうぞ。





【More・・・】

今回のヤマト、私は予めアニメ見てから行きましたお。
まぁ見たと行っても、第一作目の劇場版(総集編)と続編しか見ていませんけどw
でも父がヤマト好きだったので、昔から知ってるアニメではありました。
で、今回そんな人達が良く言ってることは、「やはり原作レイプ」だとか、「全然違いすぎてこんなのヤマトじゃない」とか、「どうせキムタク狙いの客を取りたいだけだろ?」と言うのが大半の意見ですね。
だけど、私は別にそうとは思わなかったですね。
逆に、この作品は凄くいい作品でした。
どんだけ良かったかと言うと。

この間見たハリポタより良かったとです。

いやなんつーか、ハリポタも好きなんですけど、最近なんか平行線的で進まないんですよ。
それに比べて、今回のヤマトは凄くスピード感のある作品でした。
中には、日本が作るSF映画は薄っぺらく見るのも辛いと言う方もいらっしゃると思います。
ですが今回のこれは、凄いの一言です。
SF映画の代表作品のスター・ウォーズと同等かつ綺麗なんです。
見てる間、「こ、これが日本の本気と言うものか!?」と思ってました。
それだけ凄い綺麗なんです。
しかもスピード感も最高で、これがハリウッドじゃないなんてある意味信じられなかったです。
特に凄かったのは、ヤマトが発進するシーン。
このシーンではスピード感ではなく、どれだけ重みのある様に見せるかが鍵となっています。
もちろんアニメでもとても重要なシーンであり、見せ場の一つです。
で、見た結果ですが…

これ最高すげーーっ!

でしたw
だってもう凄くいい具合に重みがあって、見ていて燃えましたもん!
やっぱ戦艦というのは、発進する時が一番心震わされます。
もちろん波動砲も迫力がありました。
ただもっと重々しい効果音か、アニメ版の効果音をそのまま使えばもっと良かったかもです。
あと残念だったのが、ワープがあまりにも簡単にいきすぎた事ですかね。
アニメでは島さんや真田さんが詳しく説明し、どれだけワープは危険なものなのかを知らされます。
が、今回はそのシーンは一切無く、いきなりワープです。
なんかそのシーンだけ軽く見えてしまい、ちょっとだけがっかりでした。
あっ、でも私ががっかりしたのはこのシーンだけですよ!
他は本当にいいんです、マジで!
ヤマト全体のセットも近未来的で、見ていて技術関係が好きになります。
操縦室の機械もいい感じに再現されてました。
もちろんあの第三艦橋もw
ガミラス艦隊は、残念ながらアニメと全然違いますが、なんかマトリックスみたいで格好良かった。
青いライトラインがとても綺麗で見惚れますw



さて、そろそろ本編の話をしていきます。
今回のストーリーは、アニメと大体同じですが、ストーリーやキャラの設定などが大半書き換えられてます。
まずここで原作厨の方は蹴りますねw
なので、私から一言言いますと、あれです。

これはパラレルワールドのヤマトか、正当派SF映画として見ろ。

そうしないとかなりイメージが崩されると思います。
因みに私はこの両方の気持ちを持って見ましたが、別に原作が崩されるという感覚は無かったです。
まぁ、確かに活発的なツンデレタイプの森雪さんや、戦闘機型にトランスフォームするアナライザーは全く違う感がありましたが、あれはあれでいいと思うんです。
つか、ツンデレ雪さんもいいではないですかw
最初のツンからデレになってく瞬間なんて…もう萌えるw
アナライザーは中の人が一緒なためか、凄く癒されます。
個人的に「古代サン、泣カナイデクダサイ」て言葉が凄く良かった。
機械なのに人の気持ちが判るなんて…なんていい子なんでしょう。
アニメ見てる時からアナライザー好きだけど、今回もっと好きになりました。
とりあえず、簡単にストーリー説明すると、ガミラス艦隊によって遊星爆弾を落とされ放射能に侵された地球を救う為に、ヤマトがイスカンダルまで行って放射除去装置を取りに行くというのは変わりません。
ただ違うのは、ガミラス艦隊に乗る乗組員や、イスカンダル星ですね。
まず乗組員の方ですが、なんと今回、実体がないという設定らしいです。
残念ながら、あの真っ青な方々は存在いたしません。
しかも今回、全兵士がデスラー様らしいのですが、実体は液体系の結晶で、人の体を乗っ取ることも可能です。
これはもう全く違う設定ですが、これはこれで宇宙人らしさがあっていいと思います。
あっ、因みにデスラー様の中の人は同じ方でした!
声だけでも同じで良かったとです。
だけどスターシャさんの方は中の人違います…。
スターシャさんもデスラー様と同じで、実体は無いです。
どうやら、今回のこの二人は星そのものであり、生命体や無機物に移す事により人と接することが出来る様です。
wikiで見る限り、ガミラス星とイスカンダル星はコインの裏と表の様な存在だそうです。
その証拠に、この二つの惑星は双子星ではなく、一つの星を半々にした状態で存在しています。
これ見た瞬間、「あれ?…くっついてる!?え、ばらばらじゃないの!?」と思ってしまったw
いやもう、ここまで設定が違うのだから、仕方ないか…。
でも、そんな設定違うのに何故か嫌な気持ちがしない。
多分それは、監督がヤマトの大ファンで、ちゃんと原作見ている状態で製作したからだろうね。
キャラクターも一部男女逆転してたり、この映画でしか出てこないキャラも多いですが、そこがまたいいんです。
そんな中で私が注目したのは『安藤』という方。
なんで注目したかは、ね、もうこの台詞だけです。

「僕第三艦橋勤務なんです!」

この瞬間、無表情だった私の顔が一瞬にして歪んだw
いやだってね、ヤマトの第三艦橋と言ったら、いつも切り捨てられたり大破したりしちゃう場所なんですよ。
そんな所に勤務してるなんて言われたら、気にならないわけがない。
もう「あ…死亡決定した…」と一瞬にして思ったね。
そのフラグ回収はなんとまぁ~切なかった。
でもあのシーンではああするしか無かったべ…うん…。
つか第三艦橋が破損しないヤマトなんてヤマトじゃないから仕方ないwwww

もちろんオリジナルだけじゃなく、ちゃんと本編通りのシナリオも入ってます。
特に凄かったのは、真田さんと斉藤さんの最期。
これは『さらば 宇宙戦艦ヤマト』と同じで、二人の台詞も散り際も正確です。
このシーンは、ちゃんと原作見てないと出来ませんです。
その為、今まで以上の感動がここで来ます。
つまり、私の中でこのシーンがこの作品の最高潮でした!
柳葉さんと池内さんが好きだからとかじゃなく、真田さんと斉藤さんのキャラが完璧すぎて泣けます。
ここまで原作通りの二人は凄いと思います。
因みに、今回原作から持って来たシーンは何ヵ所もあるらしいので、それを探すだけでも面白いと思います。



さてあと話すとしたら、やっぱBGMですかねぇ。
今回テーマソングがいつものやつじゃないのは残念ですが、その代わり何度もヤマトのテーマが流れました。
もちろん無限に広がる大宇宙も何度も流れました。
ラストのシーンでいつものあの声付きで来た瞬間、もう泣きそうになりました。
つか、最初から最後までBGMで泣きそうになってましたw
普通実写にしたら、アニメの曲なんかは一切使わないってイメージがあったので、いい意味で裏切られました。
多分次ぎCDショップに行ったら、私サントラ買って帰ると思うw
それだけ今回の曲も素晴らしかったんです。
やっぱBGMって大切ですね。
今ちょっと所じゃなくかなり酷い某アニメを見ているので、身にしみます。
やっぱヤマトはこの曲じゃなきゃアカンと思います。
まぁ、アレンジがかなり掛かっているので好き嫌い分かれそうですが、音楽厨の私からしたら凄くいいです。






はい、こんな感じでした。
ヘタリア程じゃないですが、かなり長い感想文になってしまいましたねw
そしてこれ書いてる間でも、これはもう一度見たいと思い続けてます。
今度は家族で見に行けるといいなぁ。
つかこれ見に行かないって決めてる人にこそ、見て頂きたい作品です。
あと、ヤマトを一切知らないという人にも見て頂きたいです。
そして、この作品を見た後には、原作のアニメも見ると余計感動が増します。
それほど、本当に素晴らしい作品だということです。
私が言える事は、これくらいです。


では、今回はこれで。
また次回ッ!
スポンサーサイト
22:58  |  映画・音楽  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ヤマトとは関係ないお話ですすみませんorz

動画で僕のks絵を使ってくださり、誠に有難う御座いました^^
本当嬉しい限りです><。w

もしも、又このような企画を催す時がありましたら、
ks絵を投稿しに行くかも知れませんが、
生暖かい目で受け止めてやってくださry

次のCM動画も全裸待機で期待して待ってますw
⊂(`・ω・´)⊃バッ←
髑髏 |  2010.12.23(木) 22:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suidream02.blog76.fc2.com/tb.php/155-1eee6ed9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。