2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.21 (Sat)

【ゲームネタバレ】Cancel a formatプレイ感想その2

プレイ感想も早速第二弾ッス。
同日感想はかなり疲れますが、感想文に妥協はゆるさねー私です。
下記の注意書きは前回のからコピペ。
め、めんどくさいとかそんなんじゃないんだからねっ!

今現在私がクリアしたのは13人で、全員まだGoodエンドしか見てません。
一応ちょっと長く書きたいので、感想はいくつか分けます。
ちょっとクリアした順番とか忘れてしまったので、ちーと順番違うかもw
まぁ、好きなキャラから落としていくのはいつものことですよ、うん。
とりあえず、前回と同じくネタバレなど色々含みますので、ご注意ください。
(エンディングやヒロインの結末なども書いてます)

今回は、日本、フランス、イタリアの感想でーす。





【More・・・】

~日本~

最強の保護者です。

いやー流石祖国、過保護さは誰にも負けません。
けどその保護者からだんだんと変わっていく祖国は珍しく大胆に。
だ、だって普通の祖国ならこんな大胆な行動でねーってw
(つか絵師様の日本にしてはこの日本は男前なんスよ!)
どんどん増してくる独占欲…祖国よ、貴方がそんなに頑固だったとは私知りませんでした。
初めての接吻の際、さり気なくヒロインの浴衣を脱がしてる手が、手があぁぁぁっ!(もちつけ自分)
ちくしょー、受け受けコンビだと思って油断したのがいけなかった。
そして初プレイの際、私の萌ブーストが外れてしもた。
まーなんつーか、綺麗なのよ、綺麗すぎるのよ祖国とヒロインが!
いつもあの凛々しい祖国に余裕が無く、あんな表情するなんて…もーやだ!
めちゃくちゃ美味しいじゃねーかw
そしてついに来た、プロポーズイベントキタコレ。
イギリス達からは言われなかっただけに、祖国から言われるのは意外でした。
首から掛ける為の指輪貰ったりとか、色々やるこたーやる強気の祖国いいよ祖国。
でもあることがきっかけでヒロインのことを忘れてしまう祖国。
これはアメリカの逆バージョンですが、祖国だけじゃなくみんなが忘れてしまったことがかなりショックでした。
その後一人で生きていくことにしたヒロインでしたが、記憶が無くなってもヒロインに恋する祖国…韓流ドラマかこれはw
そんな韓流ドラマっぽく、自分があげた指輪に激怒し、ヒロインを押し倒す祖国。
ちょっ、ごめ、祖国着物の隙間から見える足がちらリズムすぎて萌えました!
って違うだろ自分、そこは祖国のマジ顔に萌えて…いやこれも違う気がするw
とにかく、このシーン美味しいです。
まさに私の主食その1です。
その2はもちろんエンディングの縁側イラストです。
これ初めて見た時

これずるい~~~!!!

とマジで声に出して言ってました。
とにもかくにも、祖国シナリオは色々ズルすぎる。
それが感想で一番言いたかったことです。






~フランス~

最近後輩の影響で、すっかりフランス兄ちゃん好きになりました。
いやー今までフランス兄ちゃんはスルーしていたので、本当に損してました私。
一応このゲームでは、一番最初にヒロインが女だと言うことに気がつき、彼女の保護者の一人として見守ってる兄ちゃんです。
やっぱり兄ちゃん、接し方が誰よりも大人で憧れます。
そしてそれは保護者から恋人になった瞬間でも全く変わらず、ヒロインに最大級の優しさを与えます。
だがその優しさがあるせいで、なんとあのフランスはなかなか事に運べないのです。
大切だから壊したくない、傷付けたくない、そんな思いからちょっと余所余所しくなる兄ちゃん、珍しすぎる。
きっと、本気の恋は大切に大切に育んでいきたかったんだね。
だがしかし、男の子プレイは反則です!
その時にイギリスが入ってきた瞬間、何故か笑ってしまいました。
何故にそこで笑う私wwww
まぁなんか良く判らないことはほっといて、エンディングの方の話をしますか。
兄ちゃんとのエンディングは、これまた切ないんですよ。
ヒロインがもう消滅している国と知って、満足してしまったら消えてしまう。
それを考えて兄ちゃんが取った行動は、ヒロインに冷たい態度を取って、彼女を遠ざけることにより満足させないというものでした。
結果的にヒロインはフランスを思い、彼の前から消えることを決意し、海へ。
その時フランスが電話越しに言った、

「いい子でいる必要なんてないんだ。嫌なら嫌だとちゃんと言え。我が儘だっていくらでも聞いてやる。我慢するな!」

の言葉が、このゲーム始まって以来の感動が…。
もうこのシーンが悲しくて切なくて泣ける!
その後自分の気持ちを兄ちゃんに伝えるヒロインが、もう可愛い。
もちろん、その後の兄ちゃんが自分の思いを告げるところもいいです。
一言で言うならば、ここのシーンはふつくしいです。
他のメンバーにはない大人な感じなのがいいです、美味しいです。
だがしかし、エンディングまでいちゃついてるとは思わなかったわさwwww
いやー流石兄ちゃんだね、うん。
抜け目ないわwwww






~イタリア~

さて、そろそろ本命が無くなってきてゲームプレイがスローペースになってきた頃です。
私の中で、突然のハリケーンが来ました。


それがこのイタリアなんですよ!

はっきり言います、ノーマークでした!
どっから予想外だったかと言うと、早いとプールの時でしたが、本格的に来たのはイタリアが本気になった瞬間です。
今まで可愛かった立ち絵のイタリアが、急に黒い表情に変わった!
その後二人でバーに言って、この一言。

「俺の事、世界一の幸せ者にしてよ」

アカン私の理性の方が先に爆発したwwwww

こうグッと来た、マジで来た。
そんでそんな黒イタリアから普段のイタリアに戻るとか…このON/OFFはずるいぃぃぃっ!
つかあのヘタレ君は何処行ったよ!?
そしてその後もいつものヘタレた姿なんか見せず、ヒロインを愛するイタリア。
マジであのヘタリアと同一人物なんですかと問いたくなるほど、全然違う!
だけど純粋さもあって、エンディングに近付く度にヒロインが消えてしまうことが怖くて、ずっとヒロインを見守ることにしたイタリア。
それは以前同じ事があったから、また同じ事を体験することが怖くて怖くて仕方がないからである。
大切な人がまた消えてしまう。
それはイタリアにとって本当に辛い事で、認めたくない事でもある。
けれど、最後にヒロインを絵に描いている時のイタリアは、今までのイタリアの中でとても優しく見えました。
自分がこの絵を完成したらヒロインが消えてしまう。
それでもイタリアは絵を描き上げ、ヒロインが帰って来る事を待つと言ったイタリア。
もうこのシーンから、涙が止まらなかった。
そう、私イタリアのエンディングで初めてマジ泣きしてしまったんです!
だって、これ泣かないわけにはいかんって!
でもって追い打ちを掛けるかのごとく、ラストのイラスト~~~!!!!!!
駄目ーこれは泣いちゃう!マジ泣きしちゃう!
神聖ローマでは果たせなかった再会を、ヒロインとするのは反則でございます。
もうこの瞬間から、このゲームのお勧めはイタリアエンドだと確信したね。
あ、あと全然違うとこのシーンだけど、イタリアのおかげで感謝祭の時にメインキャラなら宝石を貰える事に気がつきました。
因みに貰う為には、一回目は普通にお菓子をあげて、二回目の時に恋人キャラを選ぶと貰えます。
くっそー、イギリスとか色々もう一度やらんとアカンやないか~。






気がつけば、今回もかなりの長文でしたな。
つか前回よりもなが…い?w
いや~、いくら好きだからってこんな長くなるとは本当思っていませんでした。
そしてまだまだ感想書かなきゃいけないキャラが7人も居ると。
だ、駄目ぽ…私自身が制御出来ませんw
とりあえず、次回も全力で感想書いていきますおーーーっ!
ではまた次回!
スポンサーサイト
17:28  |  Cancel a format  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://suidream02.blog76.fc2.com/tb.php/91-fce12b48

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。